100年を超える歴史とともに
世界から日本へ、日本から世界へ最高品質の製品をご提供します

index_GT.jpg
代表取締役社長
ヨスタ・ティレフォーシュ

ガデリウスが日本に事務所を設立した1907年から、日本は大きく変わりました。またグローバルビジネスの世界も、重大な変化を遂げております。

このような変革の世紀を超え、ガデリウスはこれまでひとつのことを通じて成功を収めてまいりました。それは時代に合った最新の革新的な製品を世界から日本へ、日本から世界へご提供するということです。

またスウェーデンから日本へ進出する企業の橋渡し役として、ガデリウスは重要な役割を果たしてまいりました。ABB、フレクト、サンドヴィック、SKF、エリクソン、ヘガネスなど、現在日本で活躍するスウェーデン企業の多くが、ガデリウスを通じて日本でのビジネスを開始しております。

ガデリウスは設立当初から同じ社名でビジネスを継続する外資系企業として、日本においてもっとも古い歴史を持つ一社でもあります。設立百年を超える企業ですが、私たちは過去にとらわれてはおりません。

ガデリウスはその百年以上の歴史の中で、お客様と築き上げてきた強い結びつきを持つビジネスエリアに焦点を置き、世界各国から製品を輸入して販売を行っております。

一見すると、当社では多種多様な製品を取り扱っているようにお見受けされるかもしれません。確かにそれは事実ですが、重要なことは、私たちは力を注ぐすべてのビジネスエリアにおいて高品質なニッチ製品を販売しており、そしてそれらの製品は高いマーケットシェアを維持し続けているということです。

ガデリウスではプリンシパル(製品供給元の企業)とともに、日本における事業計画の開発、実施を行います。大変透明性の高い方法で事業計画を共に開発することから、ガデリウスを自社の子会社のようだと表現するプリンシパルもいらっしゃります。

さて私たちが成功を続けるために必要だと考えていることがあります。それは市場の需要に合ったソリューションを、常に供給し続けることです。

たとえば日本における医療分野では、昨今特に大きな変化が見られます。高齢化社会、限られた税収の中で医療費をまかなわなくてはならないといった課題があり、高い生産性や費用対効果の高い解決策が求められています。

住宅市場もエネルギー消費量を削減するために、大きな変化を迎えようとしています。エネルギー消費量削減という課題を解決する製品群は、高断熱・高気密の開口部(ドアや窓)、熱交換換気システム、断熱材、そして太陽光発電です。

工業分野ではより少ない人員で高い生産性を生みだすという課題に直面しており、生産性の向上や自動化が求められています。

ガデリウスはこれらの分野で躍進を遂げており、また常に、最新の革新的なソリューションを提供できる製品を探し続けています。

私自身、代表取締役として、活力に満ちた歴史ある会社の経営に携われることを、光栄に感じております。

今年迎えた日本での設立111周年という長い歴史を見据えながら、これからも、お客様、プリンシパルの皆様、そして日本市場のために誠心誠意、努めてまいります。



signature.gif
代表取締役社長
ヨスタ・ティレフォーシュ