高い安全性とコスト削減を実現する昇降式足場


アリマック・ヘック社のワークプラットホーム


hek_top_1.jpg

アリマック・ヘック社は、安全性の高い昇降式足場や移送プラットフォーム、貨物用昇降機の開発・製造において40年以上の歴史を誇ります。

ワークプラットホームは、建築、構造物におけるメンテナンス用の足場に、従来の枠組足場やゴンドラとまったく異なる視点で誕生したマスト昇降式足場です。

欧州では一般的に普及しており、欧州規格EN1495 の下、高い安全基準を満たしています。

日本においては、昭和43 年、安衛法の下"足場"として取り扱うことに定められました。

ワークプラットホームの最大の特徴は、安全で快適な作業場を提供し、作業者の生産性を高め、工期短縮や質の高い仕事を実現できる点にあります。


●ワークプラットホームの主な特徴
・ 高所で地上のように安定した作業場を提供
・ 積載荷重内での資材・廃材の積載が可能
・ 組立・解体・移設が簡単で、全面に総足場を組む必要がなく、工期を大幅に短縮
・ 傾斜面での使用も可能
・ 揚重機がなくても、地上から最大100m(MS2450)、200 m(MCM450)の高さまで組み上げ可能。(セルフ・クライミング)
・ 作業者が作業しやすい高さに微調整できる
・ 作業位置(高さ)の微調整が可能
・ 作業面に障害物が無く、常に広い作業面を確保
・ 作業員+工事用機械を積載することでさらなる作業効率の向上
・ 容易な作業監督。

その他、
・ 操作においては特別な資格は不要
・ 通常の足場の設置届で良い
※ 60 日以上設置の場合は、労働安全衛生規則第87 条、第88 条の届出が必要です。