日本に根付いて一世紀

ガデリウスが日本初の支店を横浜に開設したのは、1907年のことでした。19世紀末から20世紀初頭にかけての日本は、物理的にも文化的にも、ヨーロッ パから遠く離れていました。その時、すでにガデリウスはアジアへの進出を果たし、今日のビジネスの基礎を築いていたのです。
この先見の明のある貿易商社は1890年、クヌート・ガデリウスにより、スウェーデン・イェーテボリに設立されました。早くからアジアに目を向けていたク ヌートは、1907年に横浜に事務所を設立。最初に手掛けたビジネスは、スウェーデンの産業機械を輸入することでした。当時クヌートは、顧客との信頼関係 を何よりも重要と考えて、品質管理や納期にことさら心を砕いていたといいます。ビジネスに対するガデリウスの基本姿勢は、設立後100年を経た今も変わっ ていません。
日本の産業界の移り変わりにも柔軟に対応し、日本に根付いていったガデリウスは、長い年月の間に数多くの企業を日本に紹介してきました。中には、カンタル、サンドビック、アトラスコプコ、ヘガネスなど、世界的に名の知られた企業もあります。


ガデリウス家の子供たち(1920年代)

創業当時のガデリウス東京事務所(左)

創業者クヌート・ガデリウスと兄のブロール

ガデリウスの歴史を物語る1920年代のサインボード